SUZ45
トップ > 多様性を身につける意味 > ユニバーサルデザイン

ユニバーサルデザイン


はじめに


文化・言語・国籍の違いや年齢・性別・能力の差異、障がいの有無に関わらず、出来る限り幅広い人々に適応すべきであるとして、施設や製品、情報などの設計を「誰もが能力を意識しないで使えるように、最初からできるだけ多くの人が使えるようにデザインしましょう」という考え方で生まれたのがユニバーサルデザインです。(参考:家電製品協会)

今、こうしたユニバーサルデザインの商品を手掛ける会社が、増えています。


ユニバーサルデザイン7つの原則


原則1 公平な使用 誰もが利用できるようにデザインするということです。たとえば自動ドアがこの原則にあてはまります。歩ける人も、車いすの人も、ベビーカーをおしている人でも、前にくると公平に開きます。 原則2 使用における柔軟性 幅広い人たちの能力に有効、ということです。右利きでも左利きでも使えるハサミなどがこれにあたります。 原則3 単純でかつ直感的な使用 たとえば「押すだけ」というような単純さで、簡単に使えるということです。 原則4 認識できる情報 情報がわかりやすく理解しやすい、ということです。駅のホームや電車の中など、案内表示とアナウンスの両方をおこなうことで理解を高めています。 原則5 エラーに対する許容 ちょっとした操作ミスがあったとしても、意図せぬ動作をしない、事故などにもつながりにくくする、ということです。 原則6 労力の軽減 負担が少なく快適で疲れにくいデザイン、ということです。 原則7 接近や利用のためのサイズとスペース 誰にでも使える大きさや広さがある、ということです。多目的トイレなどがその例です。家電製品協会

ユニバーサルデザインとバリアフリーの違い


ユニバーサルデザインは「できるだけ多くの人が利用可能であるデザインにすること」が基本コンセプトです。バリアフリーとの違いは、「デザイン対象を障害者に限定していない」点になります。障害の有無・年齢・性別・国籍の違いをはじめ、怪我をして一時的に車椅子に乗る人や、子育てのために一定期間ベビーカーを利用している人など、様々な人が利用しやすいようにデザインすることがユニバーサルデザインなのです。つまり広い視野でみれば、「バリアフリー」は「ユニバーサルデザイン」の一部と言えます。

WHILL

ユニバーサルデザインの例


標識(ピクトグラム)

「非常口」「禁煙」マークなどの標識(ピクトグラム)は、誰が見てもわかるようにデザインされています。車椅子のマークや、女性トイレ・男性トイレなど、街を歩けば至るところで目にすることができますね。


トイレ

WHILL」には、この他にも、ユニバーサルデザインの例が、掲載されています。

缶ビールなどのアルコール飲料(カン)の上部には、「ビールです」の表記と点字の突起が付いています。これは、この商品はアルコール飲料であることがわかるためで、目の見えない人やこどももジュースなどと区別ができるようになっています。


缶

郡山市役所」には、この他にも、ユニバーサルデザインの例が、掲載されています。



シェアボタン


Tweet Facebook LINE

免責事項・著作権表示


情報が古かったり、間違っていることなどによる損害の責任は負いかねますので、ご了承ください。

Copyright (C) SUZ45. All Rights Reserved.